携帯料金未納の時効援用を成功させるために。

携帯の時効援用

 

滞納している携帯料金は時効にできる!

 

時効援用 携帯未払い

滞納したまま何年も経過した携帯料金を解決する方法があります。携帯料金を滞納しているということは、借金をしていることと同じなのです。

 

借金ということは、もちろん返済の義務があるのですが「時効」が成立している可能性があります。

 

もし滞納したままの携帯料金があるなら時効の援用を成功させることで支払い義務を消すことができますよ。

 

少し専門的な話になりますが、時効を成立させるには「時効の援用」を行うことが必要です。このような専門的な手続きを確実にサポートをしてくれるのが法律のプロである司法書士事務所です。

 

携帯料金滞納の問題を解決したいなら一度相談することをおすすめします!

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談
24時間受け付け中!

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示を
してみませんか

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

数年前、始めた事業も順調で複数台の携帯電話を契約して仕事やプライベートで使い分けていた時期があった。

 

その後、リーマンショックなどで景気が悪くなり会社の経営も傾いてしまった…。

 

当時は携帯電話の支払いまでなかなか手が回らずに、未払いで契約解除されたままほったらかし。借金が増えたり減ったりしながらもなんとか踏ん張っているうちに数年がたってしまった。

 

そろそろなんとかしなくては…。きっと利息で支払い総額は大変なことになっているだろうし…。なんとかならないものかと、友人に相談したりインターネットで情報を集めていると携帯電話の滞納料金の時効に成功したというwebサイトを発見。

 

これって今の自分にタイムリーな情報じゃん!やった!神様はいた!

 

携帯の時効援用

 

目から鱗とはこのことです。

 

そこには、5年経っていいれば時効が成立するかもしれないこと。デメリットはもちろんあること。時効に成立すれば滞納していた分は全額チャラになることなど紹介されていました。

 

すぐに司法書士さんにお願いして時効援用の手続きを進めてもらうぞー!!

 

 

無事に未払いの携帯料金の時効を援用できたら、料金の支払い義務はなくなります。しかし、時効の援用を成功させるにはいくつかの条件があります。専門的な部分もあるので、専門知識の豊富な司法書士などに相談するのがよいでしょう。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談
24時間受け付け中!

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士法人で
信用情報開示を
してみませんか

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

時効の相談から時効完成までの流れ

携帯の時効援用

 

司法書士に時効の相談をすると、どういった経緯で時効の完成できるのかを説明していきましょう。

 

司法書士事務所によって相談時の流れは違うかもしれませんが、基本的な流れは変わりませんから、これから時効援用する方の参考になればと思います。

 

司法書士事務所の窓口で時効援用の相談します

まず借金の時効ができるかを専門家(司法書士)に相談からスタート。
相談できる窓口はネットで調べてもいいですし、法テラスや消費者センターなどで紹介を受けることができます。
パソコンや携帯(スマートフォン)をお持ちなら、インターネットで検索するのが、てっとり早く捜せるのでオススメ。

 

相談の際には、携帯電話の契約書や請求書などを手元に用意するようにしてください。時効期間の計算がしやすくなります。
あとはメモ用紙なども準備しましょう。相談を担当してくれたオペレーターの名前や受付番号などをメモしておくと次回に相談するときに役立ちますよ。
事前に契約日や最後に返済した日(最終弁済日)などはメモしておくと相談するときに困りません。

 

時効の相談をしても契約する必要はありません。2〜3か所に相談して一番高感触だった事務所に依頼してもいいですし、費用の安さを基準に選んでもかまわないんです。

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

時効援用の契約をする

司法書士に時効援用の契約をかわすことで、司法書士は実際の業務に入ります。
契約の際には契約書以外に、携帯会社からの請求書や督促状などを同封するかなど先方から指示があるので、そのとおりにしてくださいね。
受任(契約)前に時効援用の依頼料を支払う事務所がほとんどですが、いつ料金を支払うのかも事前に確認しておきましょう。

 

司法書士に受任してもらえば、債務者(依頼人)はほとんどの業務は事務所側に丸投げできます。

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

司法書士による時効条件の見直し

受任した司法書士が時効条件が整っているかの確認をします。
時効失敗をふせぐために最終返済日の確認で信用情報の開示などを行う場合があるので、契約してすぐに時効援用通知書の作成とはいかない場合がありますが我慢の時ですよ。

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

時効援用通知書の作成

携帯会社に郵送する時効援用通知書を司法書士が作成し、内容証明郵便で送ります。
通知書の郵送するときには依頼人に連絡があるはずですが、事後報告の場合も。

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

時効の完成

無事に時効が完成したら延滞していた借金の返済義務が消滅し、はれて借金ゼロとなります。

 

簡単に流れを紹介してきましたが、相談から時効完成までの期間は1週間から2週間です。
法務事務所との契約後は、結果報告を待つだけでOK。

 

 

携帯料金を滞納のままにするのは危険

携帯の時効援用

 

携帯料金を滞納し続けていると債権回収業者から請求書、督促状など届くことがありますよね。忘れた頃に突然送られてきたりするので驚いてしまうこともあるかもしれません。

 

時効援用 イラスト男性3

督促状には期日までに支払ってくださいというような内容が記載されています。それでも払わずに放っておくと、およそ2、3ヶ月を過ぎたあたりで強制敵に解約されてしまうことが多いようです。

 

その後も年に数回の督促状が届くでしょう。それでも滞納を続けていると延滞金も発生するので支払額はどんどん増えてしまいます…。

 

最近では端末の代金を分割で払うことが普通になってきました。しかもクレジット払いにしていることが多いです。この場合、カード会社の信用情報に滞納の事実が記録されてしまうのでブラックリストに載ってしまいます。当然クレジットカードやローンの審査を通過することが難しくなりますね。携帯料金を踏み倒したままだと、たとえ他の携帯会社でも契約は断られるでしょう。

 

最悪の場合は、携帯会社が裁判所に申し立てを起こして差し押さえ命令になってしまうこともあります。滞納のままでただ過ごすことがいちばん危険です。時効の援用などで借金問題の解決を検討してみませんか?

 

携帯料金の時効期間は5年

携帯料金の未納は商事債権として扱われます。つまり5年で時効期間を満たすことになります。
もし昔の督促状などお困りだとしても、5年の期間を経過していた場合は時効の援用を行うことで支払いの義務を消すことができます。

 

携帯料金の未納を続けてしまったことが原因で携帯電話の契約を断られてしまって、自分の名義では新たに契約することが出来ずに悩んでいる人も多いようです。時効の援用を行うことで携帯料金の未納がなくなります。補立条では携帯電話の契約ができるようになるはずです。

 

すこし話はそれますが、免責と時効には大きな相違点があります。免責は債権者が借金などを請求する権利が制限されるというだけで借金そのものが消えるわけではないのに対して、時効が成立すると債権を放棄したことになるので借金自体が消滅するのです。

 

実際に、携帯電話料金の時効援用を成功させて新規の契約を結んだ人は多くいるようです。

 

時効援用について経験豊富な専門家に相談して確実に時効の援用を成功させましょう。

 

 

携帯料金滞納の時効援用について

携帯の時効援用

 

時効援用というのは、該当する借金の時効期間が経過した場合に、内容証明郵便などの配達証明付きの方法で、その借金が時効によって消滅させると通知をするために郵送することをいいます。「援用」とは、時効によって利益を受けますよという旨を、お金を借りている金融業者などに伝えることを指します。

 

ただし、時効の期間が経過したとしても、消滅時効の援用を行わなければ借金が消えることはありません。借金の消滅時効の期間に関しては、お金を貸した方が商人などの法人の場合5年、法人ではなく、個人間の金銭の借り貸しの場合には一般的に10年となっています。

 

携帯電話の利用料金は、商事債権に当てはまります。つまり5年で時効期間を終えます。請求書や督促状が届いた場合でも、5年の期間が経過しているような場合は時効の援用を行うことで支払いの義務はなくなるのです。消滅時効は援用すると遡及効があるために借金の最初の未納にまでさかのぼってくれます。そして借金の未納は消滅することになります。

 

携帯料金の未納が原因で携帯電話の契約を断られてしまって自分の名義で契約ができなくなってしまった場合でも、時効の援用が適用される5年間が過ぎていまば消滅時効を援用するこができるので、料金の未納自体がさかのぼってなくなってしまいます法律の元では新たに携帯電話の契約をすることが可能になるのです。

 

時効援用 イラスト男性2

時効の援用は、法律関係の専門的な知識が必要になります。行政書士などといった専門家にお願いする方が安全で確実ですね。専門家のスタッフが、内容証明の作成も手伝ってくれますし、送付までサポートしてくれますので、確実に手続きを進めることができます。

 

また、内容証明郵便に、法律の専門家の署名を入れることもできるので、その書面の信頼性はかなりプラスになるでしょう。

 

司法書士に時効援用の手続きを依頼す費用に関しては、事務所によって多少の違いはありますが、おおむね1件1万円〜3万円くらいが相場になっているようです。

 

 

時効の援用の手続きを個人で行う人も少数ではありますがいるようです。しかし、内容証明郵便の作成や、書類への記入、押印方法、書式や文字数のルールなど、注意が必要な部分があります。すべての郵便局で内容証明郵便を受け付けてくれるわけではないので注意しましょう。

 

また、無事に手続きが済んだとしても借金の時効が成立しているのかは素人では判断が難しいものです。やはり知識のない一般の人が個人で時効援用を成功させることは少しハードルが高いと考えてよいでしょう。

更新履歴